NO IMAGE

英検2級が英会話初心者脱出のスタート

結論:英会話習得には英検2級レベルがスタート!!

さて英検2級が英会話の基礎に必要っていうことについて話をしていきたいと思います。

そもそも2級は高校卒業レベルとされています。

中学英語だけでは足らない?

英会話は中学英語でまかなえるということをよく聞きませんか?

でもこれは私は半分あっていて半分間違っていると思っています。

 

なぜなら、相手やシチュエーションによって難しい単語や文法が使われるからです。

仮に自分が使う文法や単語のレベルとしては中学英語で足りるとしても

英会話では相手が会話に使う単語や文法のレベルはすべてシンプルな中学レベルのものとは限らないからです。

一例をあげるとすればネイティブがよく映画やドラマで使うgonnaとかaintなどという慣用表現は我々は中学時代には学びません。また、ビジネスでよく使うcould you ~ などの丁寧な文法は中学では学びません。

 

そのため中学英語よりもやはり少し上を目指す必要があるのです。

 

英会話に高校卒業レベルの英検2級がなぜ必要なのか

なぜ高校卒業レベルの2級を目指す必要があるんでしょうか。

 

その理由としては

・英会話に必要な基礎文法がカバーできている。(中学レベル英文法をカバー)

・リスニングや単語のレベルが高校卒業レベルということで中学レベル以上のレベルの会話を聞き取ることができる。

・中学英語を使った対面での面接試験対策によりリアルな英語コミニケーションが高められる。

 

自分が話すレベルとしては中学レベルの英会話を使用することができ、

相手が多少難しいレベルの英会話レベルでも聞き取りができてコミニケーションがとれるのです。

 

聞き取りと発言でワンセットの英語コミニュケーションが取れる状況が作れるのです。

 

 

また、ここまでのレベルになると少し難しい単語と出会ってもある程度推測するスキルがつくかと思います。

 

このように応用をきかせるには英検2級は必須の基礎といえるのではないでしょうか。

 

留学を検討するに関しても最低限必要なレベル

英検二級があると旅行会話はそこまで苦労しません。

実際私もフィリピンに1か月ほど短期留学したことがあるのですが

事前に2級レベルの知識があるとコミュニケーションはそこまで致命的になるような苦労はしませんでした。

もちろん完璧にすべての会話を理解していたわけではありませんでしたがコミニュケーションがつまるようなことはありませんでした。

※ノンネイティブの国への留学だったからというのも大きかったかと思います。

 

繰り返しになりますがすべての会話が聞き取れたり完璧に理解できたわけではありませんでした。

ですがコミニケーションとしては十分に成立し、英語が通用しました。

実際ビジネスで大きな金額を取引をするような慎重な場面ではなく簡単なやりとりの日常会話です。

ただ、なんといっても英検2級により基礎文法や基礎単語が備わっている状態ですから

知っているものを使えばある程度はコミュニケーションができたように思います。

 

まとめ

2級は英語コミュニケーション力を伸ばすための必要なスタートということ。
そのあとは留学やskype英会話など自分の目的にあったトレーニングに比較的移行しやすいといえます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>英会話初心者脱出を目指す方へむけた無料note

英会話初心者脱出を目指す方へむけた無料note

CTR IMG